e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

絶対に増やしたくない!シワとたるみのメカニズムと予防法

しわやたるみに悩まされているという人も多いのでは?しわやたるみがあるだけで老け顔に見えてしまったり、疲れ顔に見えてしまいます。これ以上増やしたくないシミとたるみの原因と予防法に迫ります。

シワやたるみが出来る原因は?

若い時の肌は、弾力があり、ハリがあります。若い肌の内部では、細胞分裂が盛んに行われているため、新陳代謝が活発で、柔らかくハリのある肌になります。しかし、年齢と共に細胞分裂、新陳代謝が弱まり、だんだん肌の弾力やハリが失われていきます。するとしわやたるみが出来てしまうのです。

また、肌の奥で肌を支える基盤となっているコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうと、肌のたるみが起こります。コラーゲンもエラスチンも年齢と共に減少し、肌がどんどんたるんで行ってしまいます。また、コラーゲンやエラスチンの減少は加齢だけでなく、紫外線の影響により破壊されることがあります。このため、紫外線を浴びすぎるとシワができやすくなったり、たるみが起こったりします。

シワができやすい人・できにくい人

シワができやすい人とできにくい人には、どんな違いがあるのでしょうか。以下の項目に当てはまる人はシワができやすい人なので注意してください。

直射日光によく当たっている人

屋外にいる時間が長く、紫外線を浴びる量が多い人はシワができやすいです。紫外線を浴びると肌は活性酸素を発生させて、老化や乾燥を早めます。そのため、加齢や乾燥によるシワができやすくなります。一方、屋内にいる時間が長い人や紫外線対策を行っている人はシワができにくいです。

乾燥肌の人

肌が乾燥しやすい人は乾燥ジワや表情ジワができやすいです。一時的な表情ジワも肌が乾燥していると弾力がないため元に戻りづらくなり、濃いシワとして定着します。

無表情な人

表情を動かさないと表情ジワができにくくなりますが、筋肉が衰えることによって肌がたるみ、ほうれい線ができやすくなります。表情豊かな人は自然と筋肉が鍛えられ、表情ジワができてもすぐに元に戻ります。

シワができやすい箇所とは

シワは原因によってできやすい箇所が異なります。

加齢

年齢を重ねるにしたがって目の周りの眼輪筋が衰え、上まぶた、下まぶた、目尻にシワができます。とくに目を細める癖がある人やハードコンタクトレンズを使っている人は、目元の皮膚が引っ張られてシワができやすいです。

乾燥

乾燥すると下まぶたや目尻、口元にシワができます。最初は目立ちにくい小ジワでも、乾燥が進むと深いシワになり、口元のシワはほうれい線に変化します。唇の縦ジワも乾燥によって濃くなります。

表情ジワ

おでこや眉間は表情の癖が原因で定着します。遠くを見るときにおでこにシワを寄せてしまう、考え事をするときいつも眉間にシワが寄っているという人は普段の癖を改善しましょう。

スクラブはシワに効果ある?顔にもやっていい?

スクラブは古い角質を剥がすアイテムで、肌をなめらかに整えることができます。くすみや毛穴の黒ずみ、肌のざらつきなどに効果が期待されており、エステやクリニックでは首のシワ取りとしてスクラブメニューが提供されています。

ボディは顔よりも皮膚が厚く、垢が溜まりやすい箇所もあるのでスクラブを使うとつるんとした肌になりますが、顔のシワ取りにはあまりおすすめできません。こすりすぎによって小さな傷ができ、かえってシワが増えてしまうことがあるからです。

とくに洗浄力の強いスクラブを使うと健康な肌細胞まで剥がしてしまい、紫外線や乾燥の影響を受けやすくなってシワだけではなく肌トラブルに発展することもあります。

シワやたるみの予防法

では、シワヤたるみを作らないための予防策はあるのでしょうか?まずは、表情筋を鍛えて、かおのたるみなどを改善する顔面エクササイズなどが有効です。エクササイズで顔の筋肉を動かすとともに、新陳代謝を高め、肌のハリや弾力をキープしましょう。エクササイズは顔をぐっとすぼめたり、目や口を大きく見開いたりと、手軽にできる簡単なものです。最近話題の「あいうえお体操」なども試してみると良いですよ!

また肌のむくみや老廃物がたまるのも、しわやたるみを起こす原因になります。マッサージをして肌の新陳代謝を高め、リンパや血行を良くすると良いですよ。マッサージの際に美顏ローラーを活用すると、本格的なエステサロンでのマッサージのような効果を得られるので美容効果UPが期待できます。

毎日の生活習慣では、紫外線に当たらないように心がける、栄養バランスのとれた食事や、十分な睡眠、適度な運動などが必要です。体の健康を保つのと同様に規則正しい生活習慣が美肌を生み出すのですよ!

シワたるみの予防に効果的な食べ物や飲み物

お肌のシワやたるみは、身体の中からもケアできるのはご存知でしょうか?
そこで、シワやたるみの予防に、おすすめの食べ物と飲み物にはこのようなものがあります。

シワやたるみの予防に効果的な食べ物食べ物

シワやたるみは皮膚の衰えや加齢、紫外線などによる肌細胞の破壊、乾燥などによって発生します。原因となるものすべてに対して、肌細胞が健康であれば改善していくことが可能です。
そこで、肌のターンオーバーや酸化を防ぐ、抗酸化作用のあるビタミンCを多く摂取できる食べ物がおすすめです。ビタミンCを多く含み食べ物として、“トマト”、“オレンジ”、“ブルーベリー”などがおすすめです。

シワやたるみの予防に効果的な飲み物

シワやたるみ予防の飲み物としても、ビタミンCやエラグ酸が多く含まれているものを選びましょう。ビタミンCであればレモンやゆずなどの柑橘類、アセロラなどのジュースやお茶がおすすめです。エラグ酸は強い抗酸化作用があり、イチゴやザクロなどのジュースやお茶などに含まれています。

美顔ローラーでの予防は出来るのか

シワやたるみを美顔ローラーで予防することは可能です!美顔ローラーで刺激することによって、肌の血行促進を行い、蓄積している老廃物を流し出すことができます。
よって、脂肪を付きにくくしたり、老廃物の蓄積によるむくみなども予防できるのです。また、微弱電流などが搭載されている美容ローラーなどは、使われていない表情筋を刺激して衰えを予防することも可能です。

シワたるみに効く美顔ローラー2選

この美顔ローラーがあったら、シワやたるみのケアができる!という、おすすめの美顔ローラーをご紹介します。

トルネードRFローラーEX

お肌のシワや、たるみは、見た目の年齢に影響してくる重大な問題です。そんなデリケートな問題を解決するのは、自宅でセルフケア可能な「トルネードRFローラーEX」です。
ヤーマン独自のトルネードローラーが肌の代謝をあげ、細胞レベルへ働きかけます。また、ラジオ波を使って、肌の深層部から刺激して、シワやたるみの悩みを解消します。

リファエスカラット(フェイス用)

フェイス専用として細かいシワやたるみのケアにおすすめなのが、「リファエスカラット(フェイス用)」です。マッサージをするローラーはエステティックメソッドを採用し、表情筋の刺激にマイクロカレントが搭載されています。ヘッドが小さいので、細かなお肌のシワから、頬のたるみを集中ケアできるローラーです。

シワやたるみができてしまった場合の改善法

気づかないうちに、シワやたるみが出来てしまった…諦めないでください!
こんな方法で、できてしまったシワやたるみから解放されましょう。

顔面マッサージを行う

顔面マッサージを行うことで、血行が良くなり、老廃物を流し出していくことができます。
また、代謝が良くなるので、肌のターンオーバーサイクルを正常に戻していくことができます。

美顔ローラーを使う

美顔ローラーを使って、シワやたるみを撃退しましょう!
ローラーマッサージによる血行改善や、EMSなどによる表情筋の刺激を行いましょう。

食べ物や飲み物で身体の中から

シワやたるみの原因物質を除去してくれる、食べ物や飲み物を積極的に摂取しましょう。
身体の中から改善してあげることで、本来の肌の健康機能を手に入れましょう。


しわやたるみは顔を一気に老けさせるので、できればどうにかして改善、また新しいシワやたるみを作らないように心がけたいですね。紫外線は肌に悪影響を及ぼす場合が多く、これからの時期はしっかり紫外線予防を心がけましょう。また、顔面エクササイズやマッサージで、しわやたるみのない綺麗な素肌をとりもどせるようにコツコツ頑張りましょう!


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


厳選!おすすめ美顔ローラー人気ランキング


最新記事

  1. 呼吸の仕方で小顔になれる?正しい呼吸法とは

    2018.12.28

    呼吸の仕方で小顔になれる?正しい呼吸法とは

    普段呼吸をするとき、から吸っていますか?それとも口からですか?間違った呼吸法を続けていると、フェイス…
  2. サイトカイン療法って?美肌になれるの?

    2018.12.28

    サイトカイン療法って?美肌になれるの?

    究極のエイジングケアと呼ばれている「サイトカイン療法」を知っていますか?自分の血液や脂肪を活用したサ…
  3. 小顔体操でスッキリラインをGET♡ストレッチ方法と効果

    2018.10.31

    小顔体操でスッキリラインをGET♡ストレッチ方法と効果

    引き締まったフェイスラインを手に入れるには、むくみと表情筋の衰えを改善することが大切です。放置してし…
  4. 髪型でも小顔は作れる!小顔に見える前髪スタイルとは?

    2018.10.31

    髪型でも小顔は作れる!小顔に見える前髪スタイルとは?

    マッサージやエクササイズだけではなく、髪型でも小顔に見せることができます。とくに顔の印象を左右する…
  5. 小顔・美肌に効果抜群!?効く!ツボまとめ

    2018.10.31

    小顔・美肌に効果抜群!?効く!ツボまとめ

    人間の体には神経やリンパが集中しているツボがあり、押すことで血やエネルギーの流れがよくなります。と…