夏前に予防を!しみ、そばかすの予防方法

夏前に予防を!しみ、そばかすの予防方法

夏は紫外線が強くなり、1年で最もしみやそばかすができやすいシーズンです。いつの間にかできていることも多いので、夏が来る前に予防方法を考えておきましょう。

しみやそばかすができる原因

しみもそばかすも、肌の奥でメラノサイトという細胞が活性化し、メラニン色素を作ることで発生します。しみは外的な刺激によってできることが多く、そばかすは遺伝的な要素が大きいです。しみができる理由については、以下の原因が考えられます。

紫外線

肌は紫外線を浴びると、メラノサイトがメラニンを作ります。通常、メラニンはターンオーバーによってほかの細胞とともに剥がれ落ちますが、紫外線を浴びすぎたり、新陳代謝が乱れるとしみとして残ります。

ニキビ跡

炎症したニキビが、色素沈着によってしみとして残ることがあります。赤ニキビや膿ニキビなど、深刻化したニキビの後にできることが多いです。

加齢

老人性色素斑は加齢によってできるしみです。紫外線を浴びた後、時間が経ってから表れるのが特徴的で、輪郭がしっかりしています。年を重ねると代謝が落ち、肌のターンオーバー機能が乱れがちになることから、シミが発生しやすいのです。

しみそばかすの予防方法

紫外線対策

紫外線を浴びる量を減らすためには、日焼け止め、帽子、日傘などで紫外線をブロックすることが大切です。日焼け止めはこまめに塗り直し、衣類はできるだけ長袖を選びます。最近は、紫外線カット効果のある特殊な繊維で作られた衣類もあるので、上手に活用しましょう。

生活習慣の見直し

紫外線を浴びても、ターンオーバー機能が正常であればしみやそばかすはできません。肌の再生能力であるターンオーバー機能はホルモンバランスの影響を受けるので、規則正しい生活を心がけてください。十分な睡眠やストレス発散、栄養バランスのとれた食生活によって、肌の基礎代謝を上げましょう。

できてしまったしみやそばかすの改善方法

できてしまったしみやそばかすには、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど美白成分が含まれた美白化粧品を使うのがおすすめです。

ビタミンC誘導体は肌に浸透して、抗酸化作用のあるビタミンCと同じ働きをします。プラセンタは胎盤のことで、細胞の代謝を助けてメラニンを排出する機能があり、しみやそばかすに効果的です。

化粧品ではなかなか薄くならないシミには、クリニックでのレーザー治療という選択肢もあります。費用はかかりますが、セルフケアでは薄くならないしみやそばかすを除去できますよ。

まとめ

しみやそばかすは、紫外線やニキビ跡、加齢によってできます。日ごろから紫外線対策をしたり、生活習慣を見直すなどして、できにくい環境を整えましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


厳選!おすすめ美顔ローラー人気ランキング


最新記事

  1. 呼吸の仕方で小顔になれる?正しい呼吸法とは

    2018.12.28

    呼吸の仕方で小顔になれる?正しい呼吸法とは

    普段呼吸をするとき、から吸っていますか?それとも口からですか?間違った呼吸法を続けていると、フェイス…
  2. サイトカイン療法って?美肌になれるの?

    2018.12.28

    サイトカイン療法って?美肌になれるの?

    究極のエイジングケアと呼ばれている「サイトカイン療法」を知っていますか?自分の血液や脂肪を活用したサ…
  3. 小顔体操でスッキリラインをGET♡ストレッチ方法と効果

    2018.10.31

    小顔体操でスッキリラインをGET♡ストレッチ方法と効果

    引き締まったフェイスラインを手に入れるには、むくみと表情筋の衰えを改善することが大切です。放置してし…
  4. 髪型でも小顔は作れる!小顔に見える前髪スタイルとは?

    2018.10.31

    髪型でも小顔は作れる!小顔に見える前髪スタイルとは?

    マッサージやエクササイズだけではなく、髪型でも小顔に見せることができます。とくに顔の印象を左右する…
  5. 小顔・美肌に効果抜群!?効く!ツボまとめ

    2018.10.31

    小顔・美肌に効果抜群!?効く!ツボまとめ

    人間の体には神経やリンパが集中しているツボがあり、押すことで血やエネルギーの流れがよくなります。と…